サイトメニュー

治療に使用される薬剤

整形

薬剤毎の違いや治療費について

ボトックス治療で使用される薬剤はボツリヌストキシン1つだけです。ボツリヌストキシンは以前から痙攣治療等に用いられており、それが美容医療に転用されました。副作用のない治療薬としてその頃から認められており、美容医療に転用されているボツリヌストキシンも同様です。薬剤はボツリヌストキシンのみですが、大きく分けて2種類あります。以前より使用されている薬剤はアラガン社製であり、こちらが正規品として世界中から認められています。アラガン社製ボツリヌストキシンは厚生労働省も副作用がない事を認めています。もう1種類がジェネリックであり、様々な国や製薬会社で製造されています。ジェネリックは正規品の特許が切れた事で近年製造できる様になりました。ジェネリック自体は正規品の同一成分で同効果なので、副作用の危険性が低い事も正規品と一緒です。しかし違う点として基があるので開発費用が安く、その分薬価自体が安くできます。正規品よりも半額以下の薬価なので、当然ボトックス治療を受けた際にジェネリック薬剤にすると正規品より大幅に安い費用で受ける事ができます。ジェネリックは利点が多いですが、安全基準はその製造国基準になりますので、使用する国によっては基準不足の場合もあります。

ボトックス治療の費用は保険適用外です。よって全額自己負担になり1部位3万円から6万円程必要になります。状態や部位によって注入量は異なるので、注入量が多い場合は高くなっていきます。保険適用外治療の場合は、クリニック毎に価格を決めて良い事になっています。クリニック毎に費用が異なるものですが、ボトックス治療は人気でありクリニックも多い事から、あまりに相場より高い設定だと患者に選ばれません。その為全国平均に合わせてどのクリニックも治療費の設定を行っています。よって全国どのクリニックを選んでも、基本的な治療費に大きな差はありません。治療費が異なる場合は、薬剤の選択かそれぞれのクリニックで行う独自のサービスの2種類です。薬剤にはアラガン社製とジェネリックがあり、ジェネリックの場合はアラガン社製の正規品ボツリヌストキシンより半額以下の治療費で可能です。費用は抑えられますが、ジェネリックは世に出て間もなくであり副作用についてや臨床データも少ない背景があります。もう1つが独自サービスで、会員割引や限定の治療の期間限定の割引があります。ボトックス治療は副作用がなく安全な美容整形術なので人気であり、現在は多くの美容クリニックで受ける事ができます。

Copyright© 2020 キレイになれるお手軽な施術を美容クリニックで受けよう All Rights Reserved.