サイトメニュー

顔を小さくする必殺技

注射器

注射をする前の準備と注射の特徴

小さな顔にあこがれている女性は多いですが、もしエラが原因で顔が大きく見える場合には、ボトックス注射を試すのがよいかもしれません。ボトックス注射の特徴は、注射を筋肉に打ち込むことで、筋肉の神経をまひさせる働きがあります。この話だけを聞くとリスクがありそうですが、実際に筋肉をまひさせた後に筋肉の働きが鈍くなり、その部分が縮小していきます。結果的に顔が小さくなるからくりです。そのため特に副作用などはほとんどありません。ただ副作用はないといっても、注射の打ち過ぎには注意が必要です。最終的に注射の量を決めるのは医者になりますが、医者も患者の言う通りにする医者と、途中までは患者の言う通りにするけども、問題が発生するとわかっている場合には患者がいくら求めても注射を阻止する医者もいます。前者の場合には、患者の言うことが優先されるため、いくら医者が注射の打ち過ぎや良くないと分かっていても打ってしまうでしょう。患者の言う通りにしなければ、次から患者が来てくれなくなるといった恐れがあるパターンになります。この場合には、すぐに注射をするのではなく副作用が出る可能性がありますのでまずは1週間様子を見てそれでも変化がない場合には追加で打つようにしましょう。

ボトックス注射には、副作用がありますが正しく打つことで副作用を避けることが可能です。最初に2本程度注射を打ち、その効果がどの程度出るかを見ていきます。医者としてもある程度は注射の効果を把握していますが、実際にはその人の体質などによっても効果は異なるため、やってみなければわからない部分があるのも事実です。予想外の結果がることもあるため、100パーセント予想をするのは難しいといえるでしょう。ただ少なくとも、最初の三日から1週間程度は様子を見なければいけません。なぜなら効果が発揮されるのはボトックス注射を打ってから三日目以降だからです。これにより、効果がはっきりあらわれるかどうかが理解できます。ではどの程度効果が発揮できるかですが、半年程度とされるのが一般的な特徴です。つまり注射を打ってからは、1週間程度が効果が発生するピークとなり、その後は少しずつ筋肉の縮小が減少してきます。やがて半年も経過すると、元通りの顔の大きさに戻ってしまいます。これは小顔にする場合だけでなく、期待のしわや眉間の皺あるいはふくらはぎの筋肉にボトックス注射を打つ場合も同様です。半年程度で効果が切れることに対してはデメリットに感じる人もいますが、逆にメリットに感じる人もいるでしょう。

Copyright© 2020 キレイになれるお手軽な施術を美容クリニックで受けよう All Rights Reserved.